スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】清里フォトミュージアム チャリティイベントのお知らせ

ご無沙汰しております。
今日は清里フォトミュージアムさんでのチャリティイベントのお知らせです。
今年も清里フォトミュージアムさんではチャリティイベントを開催します。

<参加募集!KMOPAチャリティ・トーク2017>
「リスの写真で脳トレ!?   脳科学者の視点でみる西村豊の写真」
日時:9月2日(土)14:00~16:00 (途中休憩あり) 
出演:西村 豊、篠原菊紀(脳科学者)

昨年もチャリティイベントの収益を私たちむすびばに寄付してくださいましたが
今年も私たちむすびばに寄付してくださるそうです。
本当にありがとうございます。
さらにご厚意で、むすびば関係で山梨に避難移住してきた人
「むすびばです」と言えば同伴者も含め無料で参加できるそうです!
ぜひこの機会に清里フォトミュージアムに足を運んでみてはいかがでしょうか。
綺麗な空気と静かな時間の中で写真はもちろんのこと、ちょっと変わった建物や周りの自然を楽しむのもいいかと思います。

以下清里フォトミュージアムさんのウェブサイトより転載

***********************

「写真を見る」ことは、脳にどのような影響を与えるのでしょうか。
「動物の写真を見て、その動物の心を読み取ろうとする時、ヒトの脳はどのように働くのか?」、
また、子どもたちに与える影響などを、 “脳トレ”で知られる篠原菊紀先生が 脳科学者の視点から、西村と共に語ります。
本チャリティの収益は、世界で活躍する写真家・井津建郎が創設し、
当館が支援する 「ラオ・フレンズ小児病院」と「アンコール小児病院」、
そして東日本大震災の被災者支援団体「いのち・むすびば」に寄付します。

参加費:一般3,000円(入館料を含む) 2名以上はお一人2,000円 小・中学生は無料  
★KMoPA友の会会員は各1,000円引き 
★JAF会員と同伴5名様(全6名)は各1,000円引き

要予約/定員120名/全席自由
スポンサーサイト

【お知らせ】むすび茶屋のオープン記念茶話会

今日は、甲府市大手につくっている「むすび茶屋」のオープン記念の案内です。
6月10日(土)の午後にするので、ぜひご参加ください。

「むすび茶屋」というのは、「むすびば」が運営する茶話会的な場のことで、
そこが今後のむすびばの活動の中心になります。

    *

「いのち・むすびば」の結成が、原発震災発生から一年後の2012年3月でした。
避難移住の受け入れ、保養キャンプ、土壌測定、茶話会などの重ねてきましたが、
ここ一、二年は夏の保養キャンプぐらいしかまとまった活動がなく、
端的に活動が停滞した状態にありました。
 他方で、なかなか実現できないでいたものの、常設的な「茶屋」構想はかなり早い段階からもっていました。
たんに放射能対応の活動にとどまらない、コミュニティ活動の場を求めてきたのです。
 それで、むすびばの活動のあり方を見直し、茶屋に軸足を切り替える時期だと思いました。

 そして、すでにブログ上では告知しましたように、震災から丸6年、
むすびばの活動開始から5年となる2017年3月に「いのち・むすびばーー放射能
からいのちを守る山梨ネットワーク」は団体名もたんなる「むすびば」と改め、
活動の中心も「むすび茶屋」の運営ということにしました。

 茶屋は、今後毎月一回のペースで開催していきます。
イベント的なことをすることもあるかもしれませんが、
それがとくにないときも、とにかくお茶会を継続してやっていきます。

   *

 さて、茶屋スペースのことです。
 小河原は、2年前に甲府市大手に事務所スペースを借りて、震災前の仕事だったピアノ教師を再開しました。
 教室をするだけでは広い空間なので、今度の茶屋構想は、この空間を利用することで進みました。
 また、月一回程度の茶屋スペースを、責任をもって整備・維持・運営するために
早尾と小河原で、古本カフェ「本と珈琲 カピバラ」を開店することにしました。
ピアノ教室のない曜日・時間に「カピバラ」を営業します。
 この春休みを中心に、むすびば企画室のメンバーらで手作りでこの場所を整備しました。
カピバラのFacebookページはこちら

 週3~4日のカフェの営業ですが、むすび茶屋を開催するときには、茶屋を優先します。

 本棚には、原発事故・放射能汚染に関する本もたくさんありますが、
小説・詩・ルポ・哲学書・絵本・写真集・音楽論・絵画論・食文化論などなど、人文社会系の本がいっぱい並んでいます。
 買っていただいても、読んでいっていただいてもオッケーです。

   *

 ということで、急ではありますが、むすび茶屋のオープン記念茶話会をやります
(兼・カピバラ開店記念)。

 日 時:6月10日(土)14時~16時
 場 所:山梨県甲府市大手2丁目3の12(むすび茶屋/みなみ音楽教室/カピバラ)
    (山梨大学グラウンドと北東中学校の中間地点)
 参加費:大人500円、高校生以下無料
    (若干の食べ物と飲み物を用意します)
 
 内 容:茶話会オープンの挨拶(小河原)、カピバラ開店の挨拶(早尾)、
     音楽、寸劇、フリートーク

   *

 この空間は、山梨に移住してきた私たちと、受け入れてくださった皆さんとの出会いから生まれました。
そして、「いのち・むすびば」の活動の蓄積のうえにできました。
そのことに、いつも深く感謝しています。

 どなた様も、ぜひご参加ください。
 いらっしゃる方は、メールにてご一報ください(準備の都合上、人数を把握したいので)。
 pekapekao☆gmail.com (小河原 ☆を@に変えて送信してください)

【お知らせ】「いのち・むすびば」が変わります

大切なお知らせです。
「いのち・むすびば」が変わります。
「いのち・むすびば」は、2012年の3月11日に、避難者と
山梨の市民が出会ったことで立ち上がりました。
5年間、放射能からいのちを守る方法を考え続けてきました。
そして
・山梨県内の土壌汚染測定(汚染マップの作成・配布)
・学校給食の安全を求める運動
また、被災地への支援として
・保養キャンプ
・移住下見ツアー
を実施し、避難・移住が完了した人たちがつながり合うために、
・茶話会
も開催してきました。
**
震災から6年目をむかえ、「いのち・むすびば」は、山梨での生活をより豊かに
楽しくするための活動にシフトしていくことを決定しました。
多くの生命を奪い去り、甚大な環境汚染を引き起こし、
人々の間に不信の種を植え付けた、東日本大震災と原発事故。
それを体験してなお、私たちの社会から命や暮らしを脅かす脅威は減ることがありません。
私たちは、震災後のこの社会を、どう生きていったらいいのでしょう。
それらを模索し、試行錯誤するために、甲府市内に「むすび茶屋」を開設し、
シェアスペース/コミュニティスペースとして運営します。
(現在、むすびば企画室のメンバー手作りで改装中です)
「むすび茶屋」を運営する団体名も、この機にシンプルに「むすびば」のみとなります。
「いのち・むすびばーー放射能からいのちを守る山梨ネットワーク」の名前ではなくなりますが、
「むすびば」の名前だけは、茶屋の運営団体として継承されます。
このスペースが、創造的で、開放的で、訪れるすべての人にとって気持ちの良い場所となるよう、
研鑽を積み、努力を重ねます。
この間、さまざまな形で私たちと関わり、支えてくださったみなさまに深く感謝いたします。
みなさまからいただいた学びを、実践で社会に還元できるよう、精進を続けます。
これまでの応援、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
むすび茶屋
山梨県甲府市大手2丁目3の12
080-5517-4897

【お知らせ】さよなら原発まつり特別企画

5月15日に、「さよなら原発まつり」の特別企画があります。
避難移住者が体験を語ります。
私たちむすびばの共同代表である小河原をはじめ、むすびばのメンバーがお話します。
詳細はチラシをご覧ください。

むすんでひらけ〜原発事故で移り住んだ方々と共に考える〜
【日時】平成28年5月15日(日)
    開場 13:00 講演 13:30〜15:30 交流会(自由参加)15:30〜16:00
【場所】ぴゅあ総合(大研修室) 甲府市朝気1-2-2

原発事故をきっかけに山梨に移り住んだ人たちのことをご存知ですか。
国策の誤りによって人生を変えさせられた人たち。
国や行政の対応に翻弄される人たちの声は、
これからの日本は待ち受けている闇をすでに明らかにしています。
一方で、避難した市民とそれを受け入れる側の市民同士が力を合わせ、
事故によって奪われた暮らしを協力して作り直して行くという過程は、
新しい市民社会への予感を孕んでいます。
「あなた」と「わたし」が出会うことでより優しい方へと、
社会は日々書き換えられていきます。
原発事故による避難者に会いにきてください。
また「私も避難移住者です」と言う方も、ぜひ参加して声を聞かせてください。
つながりましょう。

託児あり(子供1人500円) ※ 託児は5月11日(木)までに要申し込み。

お問い合わせ・託児申込先
090-6500-5448(室住)
pekapekao@gmail.com

むすんでひらけ

【お知らせ】3月12日 さよなら原発まつり2016

今年も、3月に「さよなら原発まつり」が行われます。
第5回目となる今年のテーマは、「思い出そう、今年も本気でよっちゃばれ!」
震災から5年経つ今も多大な問題を抱え続ける原発、原発事故を風化させないために、
思い出そう、訴え続けていこう、という意味がテーマに込められています。

今年は恒例の「パレード」、「メイン集会」や「あおぞらマーケット」のほか、
餅つき大会や多数のワークショップ、おまけに脱原発川柳コーナーもあり、1日楽しめる内容になっております。
ぜひみなさま、お誘い合わせの上ご来場いただきますよう、よろしくお願い致します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[さよなら原発まつり2016]
3月12日(土)
11:00〜17:00
メイン会場:よっちゃばれ広場(甲府駅北口)
パレード:舞鶴城公園(自由広場)11:00集合〜よっちゃばれ広場12:00頃着
※今年はパレードを午前中に行います。集合場所は舞鶴城公園ですのでお気をつけください。


さよなら原発まつり1

さよなら原発まつり2
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。