スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【土壌汚染】市民発山梨版・放射能汚染マップできました

*2013/05/28 マップの訂正箇所アップ 設置場所も増えています。

2012年11月~12月の2か月間、山梨県各地の皆様に検体測定のご協力を
いただきました、いのち・むすびば「土壌・肥料測定プロジェクト」による、
【山梨版・放射能土壌汚染マップ】が出来上がりました。

こちらからご自由に閲覧、ダウンロード、印刷を行ってください。

WEBのアドレスをお知り合いにお広め頂くことも大歓迎です。

なお、マップはA3サイズです。
お家のプリンターがA4サイズの方は、いったんA4印刷したものを、
コンビニなどで拡大両面コピーしていただきますと見やすくなります。

また、こちらのページで、マップに書ききれなかった各検体の詳細
(畑に混ぜ込んだ肥料など)や、説明の補足なども発表しています。
あわせてご覧ください。

汚染マップ設置場所一覧


***
震災から2年が経とうとしていますが、福島第一原発事故は未だに収束しておらず、
1千万ベクレル/時が放出され続けています。
山梨でも微量ですが、毎月放射性物質の降下が確認されています。

上記のマップは、行政には数値として公表されない山梨の土壌・落ち葉・肥料・灰などの汚染状況を、
まずは客観的なデータとして明らかにしたい、そして、子どもたちを安心して育てられる環境をどう作るか、
できるだけたくさんの方々と共に考えていきたいという 私たちの思いを、形にしたものです。

このプロジェクトは同じ期間に、同じ測定器で、しかも市民が資金を持ち寄って
山梨県を一斉調査したというところに大きな意味があります。
セシウム134は半減期が2年ですから、このマップの数値は原発事故直後からは、
すでに減っているということにはなります。
しかし、震災から1年9か月(2012年12月現在)の汚染状況を把握しておくことは、
今後、なんらかの健康被害が出た場合に備えることでもあり、
これ以上汚染を広げないために私たちが取れる具体的な方法・手段を考えるきっかけでもあります。

この機会に、多くの方に原発事故について、また山梨の身の回りの放射能汚染について、現状を知り、
対策を考えていただけたらうれしく思います。

なお、この汚染マップは、多くの人に現状を知っていただきたいという思いから作成しました。
印刷費のカンパなどお気持ちで結構ですので、お願いいたします。

【振込先】
ゆうちょ銀行 記号10860 番号15972201
(他銀行からの場合)ゆうちょ銀行 店名:〇八八店(ゼロハチハチ店)普通口座 1597220

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



土壌マップ1


土壌マップ2
スポンサーサイト

【茶話会】5月の茶話会中止のお知らせ

5月29日水曜日の茶話会を中止します。
急な中止で申し訳ありません。
理由はメーリングリストに記載しています。

「身近な人を知ろう!簡単・数秘講座」は、6月の茶話会のテーマとします。


また詳細が決まり次第メーリングリストと、このブログでお知らせします。
6月にお会いできるのを楽しみにしています。
         
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。