【お知らせ】「いのち・むすびば」が変わります

大切なお知らせです。
「いのち・むすびば」が変わります。
「いのち・むすびば」は、2012年の3月11日に、避難者と
山梨の市民が出会ったことで立ち上がりました。
5年間、放射能からいのちを守る方法を考え続けてきました。
そして
・山梨県内の土壌汚染測定(汚染マップの作成・配布)
・学校給食の安全を求める運動
また、被災地への支援として
・保養キャンプ
・移住下見ツアー
を実施し、避難・移住が完了した人たちがつながり合うために、
・茶話会
も開催してきました。
**
震災から6年目をむかえ、「いのち・むすびば」は、山梨での生活をより豊かに
楽しくするための活動にシフトしていくことを決定しました。
多くの生命を奪い去り、甚大な環境汚染を引き起こし、
人々の間に不信の種を植え付けた、東日本大震災と原発事故。
それを体験してなお、私たちの社会から命や暮らしを脅かす脅威は減ることがありません。
私たちは、震災後のこの社会を、どう生きていったらいいのでしょう。
それらを模索し、試行錯誤するために、甲府市内に「むすび茶屋」を開設し、
シェアスペース/コミュニティスペースとして運営します。
(現在、むすびば企画室のメンバー手作りで改装中です)
「むすび茶屋」を運営する団体名も、この機にシンプルに「むすびば」のみとなります。
「いのち・むすびばーー放射能からいのちを守る山梨ネットワーク」の名前ではなくなりますが、
「むすびば」の名前だけは、茶屋の運営団体として継承されます。
このスペースが、創造的で、開放的で、訪れるすべての人にとって気持ちの良い場所となるよう、
研鑽を積み、努力を重ねます。
この間、さまざまな形で私たちと関わり、支えてくださったみなさまに深く感謝いたします。
みなさまからいただいた学びを、実践で社会に還元できるよう、精進を続けます。
これまでの応援、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
むすび茶屋
山梨県甲府市大手2丁目3の12
080-5517-4897

スポンサーサイト
         
プロフィール

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら