スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】朗読劇『レイチェル・カーソン物語』のお誘い

朗読劇の案内です。

オーガニックシアターという演劇グループの椿留美子さんより
「むすびばの皆さんにぜひみてほしい劇がある」とのことで連絡をいただいたのは、春頃だったでしょうか。
そういうわけで、企画制作むすびば&オーガニックシアターさんによるステージが実現しました。
秋の五風十雨農場で朗読劇を鑑賞して、(子どもはスタッフが見ているので外で遊ばせておく)
そのあとは美味しいコーヒーと茶話会で大人気の美味しいお菓子でひといき。
そんな一日って、いかがですか。

今回の劇は、シンプルステージという手法だそうです。
これは、「朗読の形をとりながらどんな場所でも演劇的空間を創りあげる、
親密でとびきりのステージ」なのだそうです。
楽しみですね。

あらすじは、

『レイチェル・カーソン物語』
仕事と子育てに疲れ、身を病んで横たわる玲子。
生きる意欲を失い、退院したくないという玲子に医師は一冊の本、
『センス・オブ・ワンダー』を渡す。玲子はレイチェル・カーソンの世界へといざなわれる。

という内容だそうです。

とき 2014年11月1日(土)10時開演(むすびばメンバー向け)
              14時開演(一般向け)

料金 2,000円(中学生以上)お茶とお菓子つき
※震災で移住してきた方は無料

場所 五風十雨農場(北杜市白州町横手5128)
・子連れOK!午前の会は、スタッフと野山で遊ぼう!室内でもOK!
・公演後はお茶とお菓子をご用意しています。
・収益はいのち・むすびばの活動費に充てさせていただきます。

申し込みは、むすびば企画室堀田まで 
090-1764-2072
fhorita☆gmail.com(☆を@にかえて送信してください)

***

「私たちは 今 分かれ道にいる 私たちは今こそ この地球を、
命の輪を守る『別の道』を選択しなければなりません」

レイチェル・カーソン物語

レイチェルの言葉を胸に 互いに大きく響きあいたい
3.11以降 なにげない暮らしの大切さを知った私たち 
子どもたちのために この星の未来に向けて

***

レイチェル・カーソン(1907~1964)アメリカ生まれ

世界に環境問題を告発した海洋学者。
著書『沈黙の春』は米国政府を動かし、環境保護を支持する運動を世界に広げた。
彼女は環境保護運動だけでなく、もっと大切なのは自然を愛する子どもたちを育てていくことだと考え、
美しい写真入りの『センス・オブ・ワンダー』という本も残している。

***

オーガニックシアター

人と人、人と自然の「共に生きる力」を演劇を通して伝えていきたいと願っています。
個人宅、カフェ、イベント、授業の一環として、、、。
さまざまな状況に対応してたくさんの方々にご覧いただきたいと活動しています。
ご予算やその他のご質問など、お気軽にお問い合わせください。

***


オーガニックシアター1


オーガニックシアター2
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。