【茶話会】2月の茶話会・みそ造りのお知らせ

みそ造りは定員に達しましたので締め切りました。
ありがとうございました。(2015/01/16)

2月は1年の中で最も寒い時期ですが、この時期ならではてしごと、
「みそ造り」茶話会を開催します。
(みそを造りながらたくさんおしゃべりしましょ~!の会です)
みそは屋外で造るので、暖かくしておいでくださいね。

ちなみに今回の企画はむすびばメンバーTさんが担当してくださいました。
産地厳選のうえ、イチオシの横沢の直売所の軒先をお借りしての茶話会です。
産地と直売所の情報は以下です↓。

材料の産地/
●大豆
山梨県北杜市高根町 「麦草農場」佐藤さんの無農薬大豆。

●麹
大分県佐伯市 糀屋本店の米麹(大分県産米使用)

●塩
メキシコまたはオーストラリア、沖縄の海水 シママースの塩。

場所/横沢の直売所「まち駅・横沢」

今回お味噌を作る場所を提供していただいたのは、
無農薬野菜を中心に山梨の米や麦、野菜、果物を扱っている横沢の直売所(むすびばのどこで買う?のリストにも載ってます)店主の田中さんは農家で料理人。
地元の良き生産者の開拓と無農薬野菜の100円ショップを目指して日々努力しているお店です。

2月は寒いので、塩麹のミネストローネを作ろうと思っています。
スープを飲んで皆さんあったまってくださいね!!
ただいま製作中のロケットストーブが完成していたら、店頭で燃やして暖をとれるかも?

***

と き : 2015年2月11日(水・祝日)10時〜14時
※大豆を煮るところまでは予めやっておきます。

ところ : 横沢の直売所 「まち駅・横沢」 山梨県甲府市朝日2-2-3
※車は直売所脇に10台程度停められるとのことです。

参加費 : ひと家族2500円(みその材料費です・ひと家族3~4キロのお持ち帰りができます)

持ち物 :
●エプロン、三角巾
●3~4キロの味噌が入る保存容器(タッパーウェアなど)
●煮た大豆を入れるビニール袋(30~45Lくらいの大きさ)
●ビニールを入れた大豆をつぶす空き瓶(ワインのボトルみたいの)
●スープやコーヒーを入れるマイカップ
●フードプロセッサーがあると作業が早く進みます。持ってる人はご持参ください。
●最後までいられる方はお弁当をご持参ください。

その他 : たぶんすごく寒いので、企画立案者であるTさんがミネストローネを作ってくれます。こうご期待!
それとコーヒーもご用意します。みなさまからの差し入れも大歓迎です。

申し込み: 申し込みは小河原まで。
準備の都合上、なるべく1月中におねがいします。
メール:pekapekao☆gmail.com(☆を@にかえて送信してください。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら