【上映会】鎌仲ひとみ監督「内部被ばくを生き抜く」 上映会と座談会

6月28日、29日、30日の3日間、甲府市中央にあります生花店「花国」さんと共催で
鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」の上映会を行います。

【日時】6月28日(木)午前10時から
     6月29日(金)午前10時からと午後7時半から
     6月30日(土)午前10時からと午後7時半から
【料金】1,000円
【場所】甲府市中央4-4-17 花国 2階 MAP

定員があるため予約をお願いいたします。 各回定員は20名。
【ご予約・お問い合わせ】花国 TEL:080-5003-7753(田代)

*各日午前の上映はお子様連れOKです。
*駐車場がありません。近くのコインパーキングなどをご利用ください。

鎌仲監督は今までの作品で、長崎や広島の被爆者や核実験施設の周辺住民を取材し
内部被ばくや原発エネルギーの問題を追いかけてきました。
その鎌仲監督が、今回の作品では福島第一原発事故で拡散してしまった放射性物質について4人の医師にお話を聞いています。
ぜひ、この映画をごらんいただきこれからどう対処していくべきか考える一助になればと思います。

『内部被ばくを生き抜く』公式サイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら