スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【講演】肥田舜太郎医師映画上映会&講演会 『311以降を生きる』

肥田舜太郎医師による、映画上映会と講演会が山梨で行われます。

以下、講演会チラシより転載。

肥田舜太郎医師上映会&講演会
『311以降を生きる』~内部被ばくから子どもを守るために~

「放射能」・・・私たちのいのちと相容れないものが、原発事故をきっかけに生活の中に入り込んできました。
米や野菜、お茶、しいたけ、魚介類などの食品汚染が明らかになる中で、
外部被ばくだけでなく、内部被ばくについて考えなければならなくなりました。
1945年の広島の原爆投下以来、被ばく者のこと、内部被ばくのことを考え、訴え続けてきた肥田医師。
そんな肥田医師からお話をお聞きし、これからの生き方、未来のいのちを守るすべをともに考えていきましょう。

【と き】 平成24年9月23日(日)12:30開場
      13:00~映画「核の傷」上映 14:30~肥田舜太郎医師講演会
【ところ】 コラニー文化ホール(山梨県民文化ホール)小ホール
【チケット】前売り1,000円 当日1,200円(当日券販売の有無は電話でご確認ください)
【託 児】 一人500円 (要予約、1歳半以上の未就学児。9月16日までに申し込んでください。お子さんの飲み物、おむつ、おやつ等ご準備ください。)

※肥田舜太郎医師はご高齢のため、体調によってはやむなく講演ができなくなることがあります。その際は「311以降を生きる~肥田舜太郎医師講演会より」(日本/2012年/約27分/アップリンク制作)の上映となりますことをご了承下さい。

◆肥田舜太郎医師
1917年生まれ、1945年広島にて被爆。原爆投下当日より被ばく者救援にあたる。
2009年に引退するまで64年間、6000名を超える被爆者の診察を続ける中で、
直接的な被ばくにならない「内部被ばく」の症状に着目。早くからその危険性を訴えてきた。
「フクシマ」以降、2012年95歳になる自らの経験をもとに、
低線量被ばく、内部被ばくについての講演を日本全国で重ね、いのちの守り方を次世代に伝えている。
著書は『ヒロシマを生きのびて』あけび書房、『内部被曝の脅威』ちくま書房(鎌倉ひとみさんと共著)『内部被曝』扶桑社新書など多数

主催:肥田舜太郎医師講演会実行委員会
後援:甲斐市、甲府市、韮崎市、笛吹市、北杜市、
社団法人山梨県医師会、パルシステム山梨、生活クラブ・山梨、NHK甲府放送局、山梨放送、テレビ山梨、山梨日日新聞社、朝日新聞甲府支局、山梨新報、NPO法人ちびっこはうす
協力:いのち・むすびば、4月3日のひろば
問い合わせ:肥田舜太郎医師講演会実行委員会事務局 TEL:090-3919-1943

肥田舜太郎医師映画上映会&講演会チケット販売店
◆甲府市:コラニー文化ホール、有機村、向山塗料、ピュアリーナチュラルライフスパ、あまんじゃく
花国、春光堂、元麻布ギャラリー甲府、エルク、KAHUA TRAVEL SALON、うつわのおぎの
◆北杜市:蔵屋グリーンズ、くじらぐも、清水写真きらら店、びーはっぴぃ
◆甲斐市:ナチュラルテーブル
◆南アルプス市:空我
◆山梨市:虹屋
◆笛吹市:杜茶や、ローズファーム
◆都留市:吉野洋美おんがく教室
◆富士吉田市:ナノリウム
◆冨士川町:アデムク亭
◆身延町:季美の郷
◆市川三郷町:睡眠工房おざわ


肥田舜太郎医師チラシ1

肥田舜太郎医師チラシ2
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。