スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【土壌汚染】「土壌・肥料測定プロジェクト」が始まります

※11月25日最下部に追記あり

汚染防止グループの新しい企画として、「土壌・肥料の測定プロジェクト」が始まります。

原発事故以降、山梨には、統一した方法で検体を集め、
同じ機関で同じ機械を使って、同じ条件下で土壌他の汚染を測ったデータがありません。
そのため「県内のどこの汚染が強いのか」「それに対する対策」はもとより、
「国の出している検体検査との比較」などもできず、むすびばのお話し会などで多くの方から
「私の住んでいる地域は本当に大丈夫?」
「汚染があるみたいだけど、どう対処したらいいの?健康への影響は?」などと質問を受けてきました。

みなさまご存知のように、ガイガーカウンターを使った「空間線量」測定では、
汚染の度合いの「目安」を知ることはできますが、線量計は自然放射能なども拾ってしまい、
事故が土地に及ぼした影響を正しく知ることはできません。

また、現在の国の基準では、セシウム合計400ベクレル/kg以下の肥料・腐葉土は流通させていいことになっています。
そして、山梨のホームセンターなどで売られている肥料・腐葉土は、9割近くが北関東産です。

土壌や肥料中の原発由来の物質「セシウム134」と「セシウム137」そのものを測ることで、
現状・現実を正しく把握し、皆でそのデータを共有し、その上で今ある汚染をどうしたよいのか、
これ以上汚染を広げないためにはどうしたらよいのか、対策を考えていきたいと思います。

このプロジェクトは、千葉市民放射能測定室「しらベル」と提携して行います。
「近くの土壌や肥料や野焼きや薪ストーブの灰などを調べてみたい!」と
いう方は、どうぞ12/14までにプロジェクト事務局
sokutei_yamanashi@yahoo.co.jp
にお申し込みください。

1検体2,000円で、どなたでも検体の測定ができます。(検出下限値 5~6ベクレル/kg)
1検体だけでなく、いくつか測りたいものがあるという方は、複数の検体測定の申し込みも可能です。
むすびばメンバーはもちろん、メンバー以外の方でも、同じ価格・条件で測定ができます。
ご近所の方、お友達もお誘いの上、お気軽に測定にご参加ください!

なお、測定した検体の検査結果は、測定所から測定依頼者だけでなく、プロジェクト事務局にも送られてまいります。
そして、プロジェクト終了後には、結果を地図や一覧表にして、むすびばのHP他で情報を公開させて頂きます。
これは、先にも書きましたように、山梨のどの地点にどれ位の汚染があるのか、
あるとすれば、どうしたら作物への移行などを防げるのか、
結果を基に安全な肥料の選択なども含め、皆で考えていくためです。
(もちろん、結果をまとめる際には、測定地点や測定検体の内容などを一覧にするだけで、個人が特定できるような情報は一切使用しません。)

具体的なプロジェクトの実施要領や詳細については、チラシを以下のURLからご覧ください。
http://yahoo.jp/7f76at
(パソコンの場合、アクセスして「ダウンロード」をクリック。
スマートフォンなど携帯の場合、「ファイルを開く」をクリックしてください。
PDFファイルのため一部の携帯には対応していません。)

上のサイトから見られない携帯の方、画像か山梨放射能情報ネットワークのページをご覧ください。
土壌測定ちらし1

土壌測定ちらし2

みなさまのお申込みをお待ちしております!


※追記
土壌プロジェクトの検体である土の採取について、
どの程度必要?とか難しいの?などの疑問をお持ちの方もいらっしゃるので参考までにマニュアルを山梨放射能情報ネットワークのホームページに載せました。
検体の採り方や検査までの流れをあらかじめお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
ただし、この文書に書いてある以外の手続きに必要な情報のすべてが入った正式版の書類は、
お申し込み頂いた方にのみ、お送りする形になりますので、ご了承ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。