スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【活動報告・がれき受け入れについて】韮崎市などに要望書と公開質問状を提出

26日に「いのち・むすびば」から韮崎市、北杜市、峡北広域環境衛生センターへ
被災地の瓦礫の受け入れについて要望書と公開質問状を提出しました。
韮崎市要望書提出

その様子が山梨日日新聞や朝日新聞に掲載されました。

3月27日 山梨日日新聞
■震災がれき「受け入れ慎重に」3団体が市や県に要望

3月27日 朝日新聞
■市民団体「慎重」要望


要望書と公開質問状の内容は以下からダウンロードしてご覧ください。
要望書  公開質問状
スポンサーサイト
1:
Twitterから情報を得て、こちらのブログへきました。
山梨県民として、家族が被災した者として、子育て中の母親として、とても気になっております。

まだ市からの回答はないのでしょうか?

地域の回覧板も県のテレビのニュースも、詳細な情報を提供しているところはなく、やっとこちらに辿り着きました。
応援してます!!!
2:コメントありがとうございます。
はじめまして。管理人の金丸と申します。

質問状の回答はまだないです。
少し時間を欲しいと言って来られたところもありますが
もう間もなく届く頃かと思います。
届きましたら公開しますのでお待ちください。

ここ数日、新聞では条件付きで受け入れるということがしきりに書かれておりますね。
安全とは何を持って言うのか、住民への説明はきちんとされるのか
厳しい目を持って行政に意見していかなくてはいけないと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

むすびば

Author:むすびば
私たち「いのち・むすびば」は原発事故のあった福島県内の各地や、福島県に限らず東北・関東の各地から山梨に移住した人、そしてもともとの山梨県民で構成されています。
震災をきっかけに繋がった人々が、放射能からいのちを守るために【茶話会・学習会】【保養・移住】【汚染防止・食品】の3つのグループを作ってゆるやかに繋がりながら活動しています。
詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。